2008年01月05日

チャージング・ブル

新年といえば、初詣。普段はそんなに信仰深くない人も今の時期は神社にお参りし、今年一年の安全や学業成就、商売繁盛などを祈願する人が多いのではないだろうか。

アメリカ生活では、そういういわゆる「神頼み」には縁がないと思っていたのだが、なんと!ニューヨークには仕事運、金運アップにご利益がある銅像があるといううわさを聞きつけた。ニューヨークで貧乏生活を送っている管理人、その話を聞いた翌日にはもうその銅像へ向かっていたのであった。

さて、金運、仕事運がアップするという縁起物の銅像はニューヨーク証券取引所近くのBowling Greenに設置されている。その名をCharging Bull。

その名の通り、今にも突撃してきそうな勇ましい雄牛である。

Bull.jpg

さて、ここでチャージング・ブルについての逸話を紹介したい。1989年12月15日、チャージング・ブルはニューヨークのウォール街に突如姿を現した。彫刻家のArturo Di Modica氏が、株式市場の暴落で衝撃を受けた人々を励まそうと、自費でこのチャージング・ブルを製作し、皆へのクリスマスプレゼントとして勝手にニューヨーク証券取引所の前に設置したのであった。(ちなみに制作費は$360,000、当時1ドル130円ぐらいだったから日本円で4680万円?)

ちなみに、Bull(雄牛)とは金融用語で相場が上昇すると考える、強気な姿勢のことだそうだ。雄牛が角を下から上へ突き上げるようにして攻撃することからきた表現らしい。Di Modica氏は、皆が切望する相場の上向きをBullに託し、ウォール街にBullを取り付けたのである。

当然、勝手に道端にそんなもの置いていって警察がだまっておくわけがなく、一時は警察に没収されてしまったブルであったが、多くのニューヨーカーの懇願からパブリック・アートとして指定され、ニューヨーク証券取引所から2ブロック離れたボーリング・グリーンに設置され事態は収束した。

そんな逸話もあるブルちゃんだが、このブルに触って仕事が見つかった、とか運がよくなった、とビジネスマンの間でうわさになっているらしいのだ。特に鼻と肩を触るとご利益があるらしい。なんか狛犬みたいだけど、なんでもいいのだ、願掛けできれば!

うしっ!!眼力あるねぇ、ブルちゃん。。。

bullcloseup.jpg

金運、仕事運アップを祈願し、管理人もブルに寄り添いツーショット。しっかり鼻は触っています。

bullandI.jpg

そしてブルは後姿も男らしい。。。うーむ。ふんどし締めたら似合いそうだ。

bullback.jpg

この日の天気はマイナス6度。寒風吹き荒ぶ中でも、ブルちゃんは大人気。

tourists.jpg

2008年、私の運気も上昇しますように、強気の姿勢でがんばりたいところである。
posted by Stray Cat at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の運気も上昇しますように。。
Posted by ぷりこ at 2008年01月11日 22:14
ぷりこさん

そりゃ、ブルちゃんを撫でにNYに来るしかないねぇ。。。
Posted by 管理人 at 2008年01月12日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76753378

この記事へのトラックバック


【PR】 失業保険| アプローチ| ゴルフ シングルプレーヤー| おもてなし レシピ 料理 | 英語 発音 自己啓発 英語 発音 | フォトスタイリング DVD 写真| パン教室 宇都宮
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。